きままにほろり

銀色のシールの貼ったゲームのネタバレ感想ほか、徒然なるままに。

金色ラブリッチェ

 ひょんなことをきっかけに庶民が貴族学校で学ぶという『のーぶる☆わーくす』のような始まりとなるこの話、あちらが影武者として潜入したのに対して、本作は庶民のまま転入という形をとります。それゆえ身分の差による差別のような悪い雰囲気から始まったので、これが本編でもしばらく続くとしんどいなーというのが体験版を終えての感想でした(…というのを2か月前に書こうとしてたんですね自分は)。

そんな憂慮を含んで進め始めた本編は、自分は金色奇譚のようなものだと思っていたそれは、まるで一人の少女を描くためだけに用意された物語のようでした。実をいうと初手の情報公開で公開された軽快なOPと過去作から微妙に異なる絵の雰囲気が無ければ、きっとプレイには至っていなかった可能性が高かったと思います。

…というのも前々作の『花咲ワークスプリング!』で各ヒロインの進行は良かったものの、最後のトゥルーエンドにもやもやを感じて慎重になっていたところがあったからです。 ただ今作は思うところはあるものの、げんなりするような最期ではなかったように思います。

 

 

 

異国のお姫様とギャルと女騎士に喫煙ヤンキー、そんなヒロイン勢に共通するのは金髪という特徴。そんな彼女たちの特徴は当初の想像よりも物語の深くに関わっている鍵であり、そんな彼女たちの物語と主人公の物語が絡み合ってそれぞれの進行で謎が明かされる。

 

エロイナ(エル)

シルヴィア王女に常時仕える女騎士は、まさに王女第一で日本留学の際に学年をわざとダブらせて同学年として学校生活を過ごすほどの忠臣ぶり。王女の護衛に全霊を捧げる彼女に対して、王女は彼女の特技であるフェンシングを続けるなど自分を大切にしてほしい様子。 そんな彼女が最後の晴れ舞台にとフェンシングの公式大会を控える最中、パパラッチに狙われる対策として恋人を装うことになった主人公とエル。日々を過ごす中で2人は中を深めていき、エルは政治的理由で家を分けた妹シルヴィへの依存をやめて主人公と共に自分の道を歩むことを決心する。

妹カミナル(銀)と姉シルヴィ(金)の髪の色が違う理由が明かされる進行。他の進行でも都合上触れられる機会はあれど、詳しく理由が語られるのはここ。 エルが央路との関係に覚悟を決めるまでがエル視点であればなーというのが少し物足りなかったところ。途中から出てくるスポーツ記者に怪しさを感じたけど、全く何も無くて拍子抜けした。

 

恋にも運動にもまっすぐなサブヒロインながら一番純粋に恋愛してそうな子。有望な短距離選手であったものの、入学当初の故障で不調となり運動経験のある主人公がコーチとなって、学校に残れるような記録を残せるように奮闘する…という『天色』の夕音みたいな進行。

始めは彼女に告白されるも主人公らしからぬ微妙な反応を見せる主人公だが、彼女の純粋な態度に惹かれ(憧れもあるのかな)好意を寄せるようになるので他とは異質。

 

玲奈

貴族だらけの中での唯一に近い同級生の庶民仲間ということで、気兼ねなく話しやすい関係の主人公と彼女。この進行では主人公がこの学校にくる以前のことについてここで理由がわかる。男女ではあるものの気軽さや玲奈の何でも悩みに乗ってくれる包容力から、恋仲というのは考えないただの友達という関係が似合う二人だったが、ふとした事故をきっかけに男女ということを意識するようになる。 そんな折に前の学校で甲子園を目指した幼馴染みが進路を悩んでいるという噂を聞くが、本人は否定したので前の学校での衝突もあり聞き流す。そうしていると他の旧友から彼を説得するように頼まれ、乗り気でないもの自分の中でもけじめを付ける意味で背中を押す手伝いをする。

友達から恋人になるきっかけが必要だったとはいえ、ハーブに酔ってずるずると関係に至ったから…というのは少し考えもののように思える。主人公に助けを求める部員の出てくる振りが不審者過ぎてこれから何かあると思ったよ。 エピローグが母親で中の人繋がりで『千恋』の芳乃が浮かんだのは、きっと自分くらいだろう(他の作品想起しすぎ問題)。

 

シルヴィア(シルヴィ)

エル進行でもあるように(エロイナを先にやることを勧めるということです)難しい境遇に立っているからかしっかり者といえど、よく即決即断で早とちりをしがちな王女でエルをよく困らせる。主人公との幼少期の交流からお互いに恋心を秘めているものの、勘違いやら邪魔やらで誤解を解くのに苦労する…とはいえお互いの気持ちを確認してしまえばすぐ。同じく昔を知る理亜がキューピッドとなる場面もありながら、シルヴィは前の学校でのわだかまりの残る主人公の思いを解きほぐす。

竜恩寺の子息が恋敵として出てくるも、少しちょっかいをかける寸前…までいくくらいでほとんど相手にはならず(一度は挫けてもまた出てくるのか?と思いきやそんなこともなく)。ドメインヒロインとなるこの進行だけを見ると綺麗なものだが、この後に再びここのエンドに戻ってくると表情が変わる。

 

…and

4人ヒロイン+サブヒロインのように見えたこの作品で他のヒロインの進行を終えた後に出てくる彼女。主人公よりも昔の記憶をよく覚えていて、夕方の屋上で彼に悩みごとがあると的確なアドバイスをくれた彼女。世界的な歌姫として活躍しながら、どこか言葉の節々に引っかかるような意味があった彼女。

央路がそんな理亜の違和感にすぐ気づけるような記憶力のいい主人公だったら、この物語は成立しなかったのかもしれない。そんな主人公はいつかの初恋よりもだんだん理亜に惹かれていき、告白するもそれ動転した彼女は思いもよらぬ行動を起こし、それが原因で入院することになる。

入院したことでようやく気づく理亜に対して抱いていた違和感。彼女は幼少期から脳梗塞でいつ亡くなってもおかしくないような身体であることを本人から告げられる。そして気を塞いでいた当時に隔てなく話してくれた彼に、叶うはずのない恋心を抱いたことを…。

主人公はそんな彼女に明日を見せてやると、晴れて恋人同士になり長年の思いを叶える。シルヴィ主催のパーティで10年前の約束を果たそうと無理をしたことで終えた後、一時生死をさまようこととなる。 そこからは日めくりのように月日は進み、一年後にやっていた葬送の日に央路はシルヴィから理亜に央路のことを託されたことを告げる。

 

日めくりを終えてシルヴィのエピローグを見直すと新たに、理亜に似た女の子との場面が(攻略が教えてくれなかったら自分で見つけられなかったよ!)。多少の齟齬に目をつむれば、シルヴィエンドと理亜エンドの両方の最後と言われても自然になるように描かれている。 それからおまけを開くと夢の結婚式の写真が…って明らかな蛇足な感じがしたんですがまぁシナリオ無かったことにして見ると綺麗なのかなーと思ったり(シルヴィの結婚式でついでに着させてもらったと思えば?)。

それぞれの進行に理亜の伏線が敷かれているような感じがして、進行管理としても理亜だけが特別な雰囲気がして、ぶっちゃけ理亜進行終えると他全キャラがサブヒロインだったのかな?っていう。

途中でカミナルと絢華ともお近づきになれる場面もあったものの、絢華は単独で軽く進行があっても良かったのに(てっきりあると思ってた)というのが心残り。

希望抱きて維新叶うか

衆議院選が終わりかけの今にその時の自分がどう考えていたのかを記憶に留めておくためにも、ブログという形で残しておこうかと主に野党勢力への雑感などをば。

 

今回、やはり世間的にも個人としても話題となったのは民進分裂からの希望・立民への分断で間違いないでしょう。憲法改正の議論へ肯定的な希望憲法固持の立民ということで上手く分かれたのかと思いながら見た、とある日の県内候補者アンケートの記事。 憲法改正(情勢を鑑みて9条について)の是非についての質問に、各政党別で候補者の回答を見ていたところ、希望の議員の中に可否両方の意見があるではないですか。肯定的な政党なはずなのにどういうことなのか、既にこの時点において不信感というものが出てきます。そして投票日に近づくにつれて代表の求心力低下に伴う、鞍替え議員の意趣変えの報道。

そんな議員の所属する政党・政党自体を誰が信頼出来たでしょうか。更に参議院民進議員からは当選後の再合流の発言まで見られ、民進を分党したあの時はなんだったのかという流れに、このまま投票日になり一定の勢力を得てしまったらと考えただけで恐怖でした。

そして迎えた結果は政権与党が改選前の議席を少し減らしたものの、改憲発議が可能な3分の2を上回る情勢となりました。希望と立民に分かれたことが功を奏したのか(?)、以前の民進から両党合わせて大幅に議席数を伸ばす結果となりました。しかし選挙後すぐに希望と民進の合流を解消する動きもあり、これが果たして国民を利する動きであるかは疑問でしょう。公認を得て立候補するということは、その議員だけでなく政党を含めて託すということであり、議員に対する信用のみで成り立っているものではないでしょう。そんな裏切り行為を許してよいのかどうか、有権者は考えて次回の選挙への判断材料とされるべきではないでしょうか。

 

国会での方針を一にしていると希望と共闘を宣言した維新ですが、一部の競合した選挙区において割を食ってしまったのは残念としか言えません。

 

ワガママハイスペックOC

体験版はやったものの本編はやっておらず、気になるキャラがヒロイン化されるからとファンディスクのみを買う奇行に走るのはハピメア以来でした。姉キャラが好みな私にとっては二人もその属性があるということで期待値は割と高めだったように思います。

 

学生でありながら漫画原作を手掛ける作家である主人公の幸樹にはぐーたら妹の兎亜と幼馴染みの真尋、漫画担当で生徒会長のかおること副会長のアーシェに囲まれて生徒会役員として学校生活を送っています。本編では以上の四人がヒロインであったものを、FDではクラス委員長の夏恋と担当編集の千歳、担任の縁をヒロインに加えて話は展開します。FDらしく最初から個別進行を選択する形で話は進んでいきます。

続きを読む

公共の目

なにわの貸切で不適切な張り紙があったという話が先日のTLを駆けたのはこれを読まれる時にはまだ覚えられているのでしょうか、それともそんな話もあったかなと思い出すようなものでしょうか。 たまたま大学鉄研が主催する貸切で行われたことだからそこそこ盛り上がっただけで、夜行列車の窓にタペストリーを出してみたり普通列車の車内から窓を開けて張り紙を出してみたり…そうした奇行はこれまでも数知れずTLで目にしてきました。ですので私にしてみると「何を今更」みたいな感じなんですけど、ふと考えることがあり一般論として落書き程度にまとめてみることにしました。

続きを読む

天色*アイルノーツ

エルフとか半獣半人のセリアンスロープなどの異世界な人が住んでる浮き島だけど、生活環境としては燃料が少し違うだけで実世界とそんなに変わらないライゼルグという島を舞台にした物語。実世界=下の世界で挫折した教師である主人公がそんな不思議な島で出会う、生徒との触れ合いを通じて成長する過程を描いています。

教師という職業を身近に感じるかどうかによって、話への感情移入の度合いが変わってくるのかなーとは思いました(私は一応免許は取ったので分かる側の人間のつもり) 下の世界で教師として挫折し一度は辞めることを考えた主人公である透が、恩師の誘いで浮き島であるライゼルグの女学院に赴任するところから話は始まります。先述の通り異世界住人みたいな人がたくさんいるようなところなので、独自の統治機構を形成しておりひとつの国家として扱われています。なので日本上空に存在していますが往来は自由ではありません。

教師としての自信を失っている透ですが、教師として普段は優しく生徒の悩みには真剣に向き合う姿勢に生徒が思いを寄せていくのは当然で。 

続きを読む

西行桜のスキル変更

どんな仕様にもへこたれないドМカコタマユーザーのお仲間にどれほどご覧頂けているのでしょうか、目下イベでは鈴彦姫が20回以上やっても落ちなくて若干キレかけてます(素材回収クエストが別にあるんだからもう少しドロップ率上げて)。

前回のファンミへの投稿で指摘され、ようやく修正された西行桜のスキル問題についてと魔石変換系スキルへの雑感について以下で考えていきます。

続きを読む

ハピメア

この作品、本編にバッドエンドがあるということでチキンな私はセットを買っておきながらFDだけやるつもりだったんです。ただ結末を知ると当然そこに至るまでの過程を知りたくなるのは当然で…。いざ本編をやってみるとその世界観の濃さに魅了され、危うく喰われてしまいそうになるくらいのものでした。そして本編もやることでFDの内容に対する理解の深みが、より増したように感じました。

夢というのは一般的な認識として、いざ目覚めてしまうと内容は曖昧で思い出せないというのが一般的ではないでしょうか。正夢というのもありますけど、あれもそう解釈するように脳が思い込んでいるだけだというのが持論です。また正夢というものを除けば夢は“現実ではありえない”ものが展開されるイメージではないでしょうか。…もしもそんな夢が、もうひとつのありえた現実=不思議な国として現れたら人はどう向き合うのかが主軸となっているように感じました。

続きを読む